三条エコノミークラブ

本例会レポート

1月本例会(臨時総会・新年会)レポート

2020年1月24日(金)に餞心亭おゝ乃にて、臨時総会及び新年会を開催致しました。

第一部臨時総会では川上事務局が司会を務める中、猪熊会長が議長となり、議事が開始されました。

収支決算報告を経て、2019年度収支決算が参加者会員から承認され、議事は滞りなく終了しました。

 

続いて、古寺直前会長へ、猪熊会長よりアルバムが贈呈されました。

新たな役員として、副会長・監査役・相談役・事務局・リーダー・委員長が登壇し、猪熊会長から三条エコノミークラブの名刺が授与されました。

皆さん嬉しい反面、これからの責任に身が引き締まる思いを感じているようでした。

最後に猪熊会長より、会長方針のご説明があり、臨時総会は終了しました。

「本年度の会長方針は躍進です。

会員は未来を切り開く経営者・リーダーになる為、自身の可能性を信じ、進取果敢に活動します。

躍進を遂げるためには、自身の可能性を信じる部分が肝になります。

出来ないではなく、出来ると信じること。

また進取果敢、新しいことに積極的に取組むことが重要です。

成功も失敗も経験すると思いますが、その経験を自分の糧にしてください。

そして大きな器を作り、未来を切り開くリーダーになってもらいたい、そのように思います。

ご自身の企業内でも、皆さんが悩んでいる従業員の背中を押し、挑戦を応援してください。

そうすることで、従業員との信頼関係を築き、さらなる挑戦に臨む、そんな経営者になって欲しいです。

そうなれば必ず企業の発展、そして躍進につながります。

この三条エコノミークラブの活動を通じて、皆さんが成長し一年後に“躍進できたぞ”と言えるように取組んでもらいたいです。

 

これからの三条エコノミークラブは、新しい道を歩んでいかなくてはなりません。

昨年は多くの方が卒業され、寂しさを感じる部分はあります。

しかし一方で、多くの新入会員が入会しました。

また来年の『三条エコノミークラブ60周年』があり、今年は大切な節目の年になります。

 

我々が成長し、来年の60周年につなげていきたい、そんな思いを込めて、会長方針を躍進としました。

一年間よろしくお願いいたします」

 

総会の終了後に、同じく餞心亭おゝ乃にて、新年会が開催されました。

乾杯の挨拶は、古寺直前会長でした。

「景気が悪い声が聞こえて来ます。

しかし自分たちで努力しないと何も変わりません。

バッターが打席に入って、バットを振らなければ、ボールに当たることは絶対にありません。

苦しんで、悩んで、それでも努力をして、成功を掴み取って欲しいです」

途中に猪熊会長・森山副会長・柳取副会長・加藤副会長・小山副会長の5人が登壇し、鏡開きが行われました。

参加者全員の「よいしょ、よいしょ、よいしょ」の掛け声に合わせて、5人が一斉に木槌で振り下ろし、勢いよく樽の蓋が割れました。

 

普段交流がない会員同士が、交流を深め、終始笑いの絶えず懇親を深めている姿が印象的でした。