三条エコノミークラブ

本例会レポート

7月臨時総会レポート

2020年7月22日(水)にジオ・ワールド・ビップにて、

臨時総会を開催致しました。

 

はじめに猪熊会長から会長挨拶があり、その中で

「新型コロナウイルスの影響から、ほとんどの例会が中止になり

“来年もう一期努めては?”

“来年6月まで任期を延長しては?”

との声も頂きましたが、従来どおり1年で次期会長に引き継ぎます。

そもそも1年任期の理由は、一人でも多くの会員に会長を経験してほしいためです」

と挨拶がありました。

続いて議事に移り、次年度会長候補として、

現筆頭副会長の森山辰典君が推挙されました。

猪熊会長から推挙の理由として、

「来年60周年を迎える三条エコノミークラブを任せられ、

経験と信頼の厚さから、森山くんを推挙します」

と説明され、出席会員の満場一致の拍手にて次年度会長に承認されました。

 

承認後、森山次年度会長は、

「コロナ時代を経験し、新しいものを生み出して行く意志を持ち、

新しいチャレンジで新しい価値観を生み出して行きたい。

そのためには各自が自分らしさを出してチャレンジし、

修正を繰り返しながらより大きな自分になる必要がある」

とお話し次年度への協力を求めました。

 

その後新入会員4名の紹介、挨拶がありました。

最後に60周年に向けて、ロゴマークが初めて公開されました

作成に関わった60周年準備委員会から

「ロゴは最も温度が高い青色を基調として、

6と0、∞のマークをデザインし

先輩たちの想いを受け継いで行く意志を表現しました」

と説明がありました。

 

 

本来であれば、この後「夏忘れ」が実施されますが、

今年は感染防止のため中止となり、

ここで解散となりました。

 

新型コロナウイルス影響から、様々な活動が制限される中で、

三条エコノミークラブの目的や先輩方の思いを

皆が再確認できたのではないでしょうか。

広報委員会 小林 和之