三条エコノミークラブ

本例会レポート

2011年12月10日、千翔において12月例会が行われました。

定時総会では、野崎会長の挨拶から始まりその中で、三月の東日本大震災や、7月の7・29水害のことに触れ、自粛ムードが漂う中の50周年記念式典の開催について、また、水害で被害にあった会員へのボランティア活動等、忘れられない年であったと1年間を振り返りました。

続いて、今年度の事業報告をし、優良会員6名を表彰、新入会員3名を紹介しました。その後、野水次年度会長より、次年度会長方針「動~我らチームエコノミー~」と題され、活動理念「苦しいときこそ無理して笑え 己に克って礼を尽くせ 義を先んずるもの 後から徳はついてくる『我らチームエコノミー』自ら動かねば人は動かず」を示し、審議・承認しましました。そして、次年度の役員の紹介をし、定時総会を閉会しました。

 

引き続き、今年度新たに創設されたECブランド創造委員会より、オリジナル製品である、側溝掃除用具の鋤簾(じょれん)「Sludge Easy Cleaner」の開発について説明をされ、この製品を2012年1月にNICO(にいがた産業創造機構)主催のIDSコンペティションに出品するという活動報告をして頂きました。

続いて卒業式が行われ、12人の卒業生が登壇後、野崎会長より祝辞を頂き、卒業盾を授与されました。また、卒業生1人1人より最後の挨拶を頂き、卒業式を閉式しました。

 

その後、同会場にて忘年懇親会を行ないました。懇親会では卒業生を含めた現役会員と、顧問・OBの皆様と共に、盛大に行なわれ、涌井監査役の万歳三唱を最後に、1年間の最後の活動が無事終了致しました。