三条エコノミークラブ

本例会レポート

9月1日(土)、長岡市内において第3回人間力向上セミナーを開催しました。

最初に、江戸末期の動乱期に活躍した河井継之助記念館を訪ねました。当時の長岡藩の財政が、およそ23万両の借金状態から11万両の貯蓄をするまでに至った、氏の功績が称えられていました。

また、大政奉還に伴い勃発した戊辰戦争では、非戦思想であったにも関わらず、やむなく開戦となり、長岡城が奪い・奪い返される状況などが詳しく紹介されていました。

次に、旧海軍元帥として知られる山本五十六記念館を訪れました。「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、…」という名言は広く知られているところです。
生い立ちをはじめとして、軍隊に入隊した頃の様子、開戦に断固反対していた状況、そしてやむなく戦争に突入し、撃墜され死に至るまでが、遺品などとともに展示・紹介されていました。
この二人の共通点はいくつかありますが、そのひとつは「常在戦場」という、いつも戦場にある心構えで事に当たる、を身上としていたことを学びました。

そして、長岡市役所の新庁舎アオーレ長岡を見学しました。3Dシアター、ガラス張りの議場、24時間利用可能なナカ土間、広いアリーナなど県内最新の設備に触れて、大いに刺激を受けました。

最後に、米八寿司に場所を移して懇親会を行い、人間力について語り合いました。

本セミナーは、長岡ゆかりの偉人を訪ね歩き、そして団体行動を通じて、自ら積極的に人間力を学ぶ機会としました。今年最初に会員各自が人間力向上宣言を行いましたが、その宣言の達成に向けてお役に立ちましたら幸いです。

人間力向上委員会 藤島幸一

完売御礼!公開例会「最強チームの作り方~組織の力を100%引き出す~
講師:福島正伸 氏

9月25日(火)に開催される公開例会のチケットは完売となりました。
チケットをお求め下さった皆様、ありがとうございました。

当日は会場に駐車場がわずかしかなく、混雑が予想されるためお早めにご来場ください。
会場でお会いできることを楽しみにしております。

公開例会委員会委員長
小林 秀徳

次年度会長決定!!

8月23日(木)、三条ロイヤルホテルにて臨時総会及び夏忘れ懇親会を開催しました。

第1部の臨時総会では野水会長の挨拶にはじまり「本年度、私が会長職に就き早8か月が経ちました。今日は次年度会長が決まる大事な日になります。後半も本年度活動理念を元に気を引き締め、残りの会活動をお願いしたい」と話され全会員が真剣に受け止めていました。

続いて議事進行に移り、第1号議案の次年度会長選出で野水会長は現副会長の大西 朗くん(大西設備管工株式会社)を推薦。野水会長は推薦理由として「過去リーダーや副会長の経験はもちろん自分自身の考えと行動力をしっかり持ち企画や発言を重ねてきた実績やその持前の明るい性格で全会員からの人望も厚く、すべての会活動に参加しているなどの事から次年度会長としてふさわしい人材である」と会長としては大西くんしかいないことを挙げ、満場一致のもと第48代会長に承認されました。次年度会長に承認された大西次年度会長は「次年度会長に推薦していただきありがとうございます。次年度のエコノミークラブの活動はとにかく明るく楽しい会活動にしたい。
だから、私からリーダー等の声が掛かったら是非断らずに引き受けていただきたい!」と熱く挨拶されていました。

       続いて新入会員10名(内1名欠席)の自己紹介挨拶があり、その後公開例会委員会から9月公開例会でのチケット販売の報告と注意事項の説明があり、野水会長と大西次年度ならびに新入会員の集合写真の撮影後、臨時総会は終了しました。

第2部夏忘れ懇親会では大西次年度会長がさわやかな笑顔で入場!野水会長の挨拶後、野崎相談役の乾杯の音頭でスタートしました。夏忘れ懇親会場では早速大西次年度会長へ次々と会員が集まり、お祝いムード一色!そして新たに仲間となった新入会員と現役会員とでお酒を酌み交わし、大いに盛り上がりお互いの懇親を深められた夏忘れとなりました。
最後は小林監査役の締めの挨拶では野水会長、大西次年度会長も壇上へ上がり全会員の万歳三唱で臨時総会を締めくくりました。
 

成24年7月19日(木)三条商工会議所にて、有限会社ハインズワーク代表取締役である高野武講師をお迎えして、7月ディスカッション例会を催致しました。

まず参加会員に6つのグループへ分かれてもらい、各グループでECじょれんの販売ターゲットを選定しました。第1グループは『富裕層』、第2グループは『シルバー世代』、第3グループは『女子高生』、第4グループは『専業主婦』、第5グループは『アキバ系』、第6グループは『農家』と、それぞれターゲットが決まったところでディスカッションを始めました。最初にターゲットに対するイメージをそれぞれ書き出してもらい、そのイメージを基にして活発な意見が飛び交う会議になりました。

 ディスカッション終了後、『誰に』『販路』『いつ』『どうやって』『価格』の項目を明確にしてまとめてもらい、グループ毎に高野講師へプレゼンを行いました。


 全てのグループのプレゼンが終わった後、高野講師より総評をいただきました。「どのグループも物価設定が安すぎて現実的ではない。」という厳しいお言葉をいただきましたが「商品を聞かずにプレゼンだけを聞いていると、とても同じ商品をプレゼンしているとは思えなかった。1つの商品をこれだけ多角的に見れる事は凄いことです。」とも言っていただきました。そして、この『物事を多角的に見る』という事は人間関係にも当てはまるといえます。その人の一側面だけではなく違う観点からも見る事の大切さをお話しくださいました。
 今回のディスカッションにより、様々な意見を取り入れる事で自分の中にある固定観念を払拭できるということを学べた例会になりました。

第2G 山家 弘三

平成24年6月23日(土)、弥彦山にて第47回弥彦山登山を行いました。

当日は天候にも恵まれ晴天の中、登山を決行することができました。

山田泰士OB会長、豊島英夫顧問、須藤昭顧問、藤田博史顧問、古川裕之顧問、西新一郎先輩、小柳賢一先輩、坂井勇資先輩、高井充先輩の9名の先輩方にご参加して頂き大いに盛り上げて頂けたことを心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

山道は所々で泥濘などありましたがリタイヤ者や怪我人、病人等も出ず参加者全員が登りきることができてとても良かったと思います。

恒例の茶屋マッチでは3月に入会されました若杉正峰さんが一位をとりベスグロ賞では昨年の覇者で今年卒業生の涌井祥雄さんがまた番狂わせをするかと思いましたが小林秀徳さんの優勝で弥彦山登山は幕を閉じました。

交流会ではアトラクション等も含め大いに盛り上がり先輩方と新入会員、現役会員共々、良き交流をし懇親を深められたのではないかと思います。

委員会での打ち合わせ不足等もあり多々ミスや手古摺った面もあり今後の課題となりました。

当日ご参加いただきました先輩方、現役会員の皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございました。

平成24年7月8日(日)の朝7時より五十嵐川クリーン作戦が開催されました。

五十嵐川クリーン作戦がこのような規模で行われるのは7.13水害あった平成16年以来8年ぶりで、前日からの大雨により開催が危ぶまれており有りましたが、地元の方々をはじめ、多数の方が参加し、ゴミ拾いをいたしました。当クラブからも18名の会員が参加いたしました。

昨年の7.29水害の影響で、流木等や様々なゴミがあることが懸念されましたが、参加者が一丸となり「自分たちが生活している三条のまちをきれいにする」という思いで汗を流しながら頑張った結果、予定よりも早く作業が終了いたしました。

五十嵐川が綺麗になったことで作業を終わった皆さんの顔からは素晴らしい達成感の笑顔がにじみ出ていました。

平成24年6月21日(木)19時より三条商工会議所で「清く 正しく 美しく ~5Sで培う職場の規律~」というテーマで
中小企業診断士中村公哉事務所 中小企業診断士 中村公哉 氏をお招きし、第1グループ主幹の6月定例会を開催いたしました。

はじめに中村講師からなぜ一流企業は安定的に業務が出来るのか、また売り上げが増えるのかについてその理由と
5Sを理論的に関連づけて説明していただきました。また、例会では5Sが職場美化だけではなく人づくりの手法である
ことを学びました。5Sについては難しく考えず、まずは出来る事から整理・整頓・清掃・清潔・躾を一つ一つ段階的に
実践していくことが重要だと感じました。
その際に、経営社は自分の役割を明確にし、5Sの意味を社員に周知徹底し、社員を巻き込んだ小集団活動実施していくこと
もひとつのやり方であることがわかりました。5Sは先ず行動をする事が大切で行動をすれば意識が変わることに気付きました。
焦らず時間をかけて、5Sを自企業のものにしたいと思います。

 

当日、講師より頂いた資料に書かれた(現場管理は永遠に続く)(製造現場に宝が眠っている)(製造現場が顧客をひきつける)
この言葉に経営の重みを感じました。
全体を通して、5Sとは整理・整頓・清掃・清潔・躾と簡単に言葉にできますが、その手法を経営の基本として
活用できる勇気と行動力が必要だと改めて実感しました。例会に出席された皆さんも5Sについて詳しく知って
いただく良い機会になったのではないかと思います。ご出席いただいた皆様に感謝いたします。

第1グループ 栗林達也

本年度若衆会の会長を務めました竹内誠です。

去る5月15日、恒例の三条祭りが開催されました。

  

今年の三条祭りは火曜日開催ということもあり、参加者が不足するのではないかと不安がありましたが若衆会の一番の目的である参加人数集めをしっかりと行い無事に行列が出せるようにと会議を重ねてまいりました。その結果、皆様がたのご協力もあり、無事、大名行列を出せる人数に達することができ、この場を借りて関係団体の皆様がたに深く御礼申し上げます。

さて、本年の三条祭りを振り返ると、出陣式を行っている最中も小雨が降っており、ほとんどの皆様は今年の行列は中止だと思っていたのではないでしょうか。拝殿まで移動したあとも雨が降ったりやんだりとはっきりしない天気で、私自身も不安な気持ちになったりすることもありました。しかし、いざ決行の決断が下されると「よしいくぞ!!」という気持ちでいっぱいになり、大名行列から舞い込みまですべて滞りなく行わせていただくことができました。小雨が降る中での行列、雨の中での舞い込みと今まで経験したことのない三条祭りを経験させてもらうことができ、本年度若集会会長を務めさせて頂き、大変うれしく思っております。

今年、私が一番やりたかったこと、それは行列中に関係団体の紹介、行列持ち物の歴史や由来を見ている人にアナウンスすることでした。これは見学者の人達に、もっと三条祭りに興味を持ってもらいたい、そんな思いがありました。
初めての試みだったのでどうなることかと思いましたが、見学者の方から見ていてわかりやすかったよ!なんで今までなかったの?などうれしい意見を頂くことができ今後も続けていければと思いました。

最後になりますが交代要員がいない中での行列、小雨降るなかでの天気と、参加された皆様には大変なご負担をおかけしたことをお詫びすると共にお礼申し上げます。
ありがとうございました。

平成24年5月29日、三条ロイヤルホテルにて第2回人間力向上セミナーが行われました。
今回は、人間力の商標権を保有されている、人間力・ラボ代表岡本呻也様よりご講演頂きました。

「人間力」のプロになる。というレジュメを用意して頂き、「人間力」とは何か?「人間力の定義」=相手の心に働きかけて人を動かす力、くだけていうと「大人になること」から始まり、続いて「人間力の三要素」として、「1、自己認識=心の窓を全開にする 2、セルフマネジメント=いつもリラックスして仕事する 3、対人理解=相手に気を向けて観察し相手の望みをかなえようとする」とご説明頂きました。

さらに「人間力」にまつわる具体的な事例として、カーディーラーの営業マンの話、ファミレスの親子の話、松下幸之助さんの自分を笑い飛ばすことができる話、クレーム処理の2つの感情、ジャパネットタカタの話など多く聞かせて頂きました。最後に「人間力」の前提、相手と「心の通じ合い」ができているか?を教えて頂きました。

また、質疑応答では「人間力」を向上させる為に毎日できることは?という質問に対して、いつでも確認できるようにと「人間力の3要素」が書かれているカードを、出席者全員にお配り頂きました。そして本例会同様、講師より会長へ色紙の寄贈して頂き、記念撮影もしました。

最後に五十嵐委員長のあいさつで第2回人間力向上セミナーを閉会しました。

平成24年5月17日(木)三条商工会議所にて5月例会を行いました。


(株)明間印刷所、代表取締役社長である明間隆三氏を招いて『意識変革が企業を強くする。』というテーマでご講演頂きました。
明間講師は、中小企業はいかに大手に振り回される事無く、より優位に立ち、自立する事が出来るか、同業者をライバルと思う意識から切磋琢磨できる仲間意識に変化していく時代に入ってきたのではないかと話されました。

  

そして、今こそ同業者から仕事を奪う構図から、同業者、そしてお客様との共生への道が無いかを意識する事が大切だとおっしゃいました。大手は合併する事で市場を確保が出来るが、中小企業は合併することが出来ない。仕事の取り合いが始まれば共倒れ現象が必ず起こり、大手しか残れない事になる。それよりも同業者と共同開発して市場を今より拡大する事が出来ないものか、などを考える必要がある。勝つとか負けるの意識では市場が縮小して行く事になるので、戦う意識では無く同業者同士の共生意識に変化させなければいけないとお話しされました。


明間講師の話は、中小企業である我々三条エコノミークラブ会員にとって非常に参考になる素晴らしい内容でした。