三条エコノミークラブ

本例会レポート

8月23日(金)、三条ロイヤルホテルにて臨時総会及び夏忘れ懇親会を開催しました。

臨時総会では大西会長が「各グループの夏忘れに参加し、上半期の活動の反省や課題を見つめ直しました。今後も交流会や公開例会、研修旅行等あるので素晴らしい思い出を作っていきましょう。そして、夏忘れでは次年度の船出を盛大に祝いましょう。」と挨拶しました。

IMGP0172  IMGP0175

議事進行では、現監査役の長谷川淳二くん(長谷由工業株式会社)を次年度会長に推薦。大西会長は理由を「過去リーダーや副会長、監査役を歴任しており、その持前の性格や行動力で会員からの人望も厚く、次年度会長としてふさわしい人材である」として、満場一致で承認され、第49代会長が誕生しました。

その後の挨拶では「よく学び、良く遊べのエコノミー精神のもと、メリハリをつけて活動してきたから今がある。52年の歴史を振り返り、来年の53、さらには55周年に向けて新たな一歩となる1年にしたい。皆さん共に盛り上げていきましょう!」と熱く抱負を述べられました。

DSC03065

続いて新入会員12名(内3名欠席)の自己紹介挨拶があり、現会員からの温かい拍手で迎え入れられました。会長と次年度ならびに新入会員の集合写真の撮影を行い、臨時総会は終了しました。

IMGP0190

夏忘れ懇親会は長谷川次年度会長の入場から始まり、大西会長の挨拶後、野水相談役の乾杯の音頭でスタート。

IMGP0196

会場は大西会長のこれまでの労をねぎらい、長谷川次年度会長選出を祝う賑やかなムードに包まれ、熱い話題や笑顔が飛び交い、大いに盛り上がりました。

CIMG2051 DSC03143 

DSC03119 次年度と関さん

 

最後の関監査役の締めの挨拶では、会長、次年度会長も壇上へ上がり全会員の万歳三唱で締めくくりました。

CIMG2060 DSC03194

今回出席して、次年度の挨拶にもあったメリハリの部分を強く感じ、役職や年齢関係なく親睦を深められている事を再認識できました。

広報委員会 坂爪 友樹

平成25年7月18日、三条商工会議所にて7月例会を開催致しました。

講師には株式会社オーシャンシステム代表取締役社長である樋口勤氏をお迎えして『チャレンジする勇気』をテーマにご講演頂きました。

DSC02992 DSC02995

始めに過日にテレビで放映された樋口講師のインタビューを流し、株式会社オーシャンシステムの経営内容についてお話をされました。

また過去5年の売上げ高の推移や各事業の売上げ比率などを挙げられ、どの事業も毎年売上げを伸ばしている、もしくは売上げをキープしており、これからも出店の計画があるとご説明されました。続いて株式会社オーシャンシステムの会社沿革をご説明頂きました。

DSC02999 DSC_0072

株式会社ひぐち食品という小さな弁当屋さんから始まり、大型食品スーパー事業、宅配事業進出、現在に至るまでの経緯を、困難や失敗談などを交えて詳しくお話頂きました。続いて樋口講師の経営哲学についてお話され、テーマにもある様にチャレンジする勇気という事で、世の中に無いものを形にして新しい事業形態を作り出す事で売上げを現在のところまで上げてきたとご説明頂きました。

また経営者の立場としてすべき事で大きなものは「事業拡大」と「事業継承」であると挙げられました。

具体的には自身の参謀を作る事、自社の航海図を描く事と説明され、経営者は実際に舵を取らずに、現場が動かさなければならないとご説明頂きました。

DSC03007 DSC03014

最後に樋口講師の座右の銘『一意専心』について、お父様から「人間ひとつでも良いところが有ればそれを磨く事に専念しなさい」と、よく言われていた事が心に残っているとご説明頂き閉会となりました。

第2グループ 五十嵐 崇洋

平成25年7月12日金曜日、Geo World VIPにて会員拡大委員会担当の第2回交流例会を開催しました。

今回は当会と近い活動をされている三条商工会議所青年部と交流の場を持ち、今後の会の発展・活動の協力関係を築くきっかけとなることを目的とし、共催形式で企画・運営致しました。

DSC_0035 DSC02962

第1部では、初めに三条商工会議所青年部の中條耕太郎会長よりご挨拶いただき、続いて当会の大西朗会長よりご挨拶いただきました。その後、各団体の活動目的、活動内容等を両組織の担当委員長よりプレゼン形式で発表し、お互いの組織についての理解を深めました。

DSC02966 DSC02969

第2部懇親会では、両団体の会員が混ざりあった各テーブルのグループでアトラクションに参加して頂きました。アトラクションの謎解きゲームでは、グループ内の協力不可欠で楽しみながら「交流」し盛り上がりました。

また、会場では名刺交換や歓談されている場面も多くみられ、終了後に多数の方からとても良い交流の場となったと感想を頂きました。

DSC02985 DSC01212

近くしてありそうでなかった今回の三条商工会議所青年部との交流例会。あらためて互いの組織について理解でき、そして一人一人の出会いの場となったことは今年度の会長方針「一期一会」に基づき、今後の活動に活かしていきたいと思います。

今回の交流例会開催にあたり、三条商工会議所青年部の皆さま、当会の会員の皆さまより多大なるご指導、お力添えを頂きましたことに深く感謝し、御礼申し上げます。

会員拡大委員会 小林裕加子

  

 6月8日土曜日、弥彦山にて第48回弥彦山登山を開催致しました。

現役会員三十九名とOBの先輩方5名を含め計44名の参加となりました。 DSC01185 DSC01170 DSC_0020

前日の夜に雨が降り、登山中止の心配もありましたが当日天候が回復し、無事登山を決行する事となりました。

登山するにあたり弥彦神社にて安全を祈願し、リタイアの方も若干数出ましたが参拝したおかげもありケガ人も出ず無事に登山を終える事ができました。

DSC01231  DSC01239  DSC01302   

DSC01294  DSC01404  DSC01381       

DSC01406  DSC01410  DSC01367 

DSC01423             その後、会場を弥彦温泉だいろく様へ移し登山での汗を流し、懇親会となりました。

懇親会では、大西会長より挨拶を頂戴した後、小柳賢一OB会長による乾杯の挨拶をかわきりに盛大なる懇親会となりました。

現役会員とOB先輩方々には、密の濃い親睦を深めて頂き、一期一会の大切さを学ぶ事が出来ました。

DSC_0038  DSC01447  DSC01453

懇親会を終え、弥彦温泉だいろく様をあとに三条市に帰路となり第48回弥彦山登山は終了となりました。

今回の趣旨の通り参加者の皆さんが登山を通じて体力と精神を鍛える事が出来、この例会でしか得られない最高の想い出をつくる事が出来たと思います。

 最後にOBの先輩方々、現役会員の皆さん

ご参加頂き心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

                                             特別企画委員会   金子 瑞樹

平成25年6月20日(木)三条商工会議所にてリアルピース代表浅妻正永未氏をお招きして、『会議を活性化する方法を学ぶ』というテーマでご講演いただきました。

CIMG1935  CIMG1933

                                                           

はじめに、近くの会員同士で良い会議、悪い会議について話し合い発表しました。発表は会員が今まで経験してきた良い会議、悪い会議を話しているようでとても興味深かったです。その後講師よりなぜ会議が活性化しないのかの理由について説明がありました。会議の開催の目的を理解していない、発言・意見交換がないという2点が挙げられました。

DSC02941   DSC02943   DSC02945  

続いて活性化出来ない2点の問題を解決していく手法について学びました。会議参加者へのメリットを伝えること、そして発言しても安心、安全な場を提供することの2点をお話された際は自社ではどうだろうかと不安に思うところもありました。

その後、ではどうしたらより意見を引き出すことが出来るのかについてご説明いただきました。まずは話を聞く姿勢を正すことと発言したくなる場作りが重要な要素であること。ではこの2点についてより具体的な解決策としてコミュニケーション力を上げることが必須であるとお話いただきました。聴く力、伝える力、質問力、肯定的思考の全てを意識しながら日々生活することが近道であり、目指したい会議の姿を自身で想像し、そのために必要なことをコツコツ続けていけばきっと素晴らしい会議が出来るはずと力強いお言葉をいただきました。

 

最後に講師の座右の銘であるWin –Win-Win(三方よし)の精神についてご説明いただき例会を終了しました。

CIMG1938 CIMG1942

 

 

   第1G 古寺 健太郎                    

 

 平成25年5月23日(木)三条商工会議所にて新潟労働衛生コンサルタント事務所の鈴木美和氏をお迎えして、『職場におけるメンタルヘルスケア』というテーマでご講演いただきました。

 

 3    

10

 はじめに、メンタルヘルスケアは、職場における高いパフォーマンスを得るために昔は対処療法として経費と見ていたのですが、現在では予防+αとして投資と考えられているという話をされました。

 続いて鈴木講師が用意された、ストレスの質問を5問各自で書き込み、その質問用紙を隣の席の人とシェアしました。

 続いて、社員のうつ病に対する話をされました。一度うつ病になると仕事のパフォーマンスは8割程度になり、さらに悪化すると5割程度になるそうです。一度落ちたパフォーマンスは元に戻ることはなく、さらにうつ病は再発しやすいので悪化の一途をたどるそうです。うつ病の対処法として、うつ病にかかっている本人は正常な判断が出来ない状態なので全員でかかわり、客観的に話を聞くことが重要であり自分の考えをおしつけないのが良いそうです。

4

 

 続いて疲労蓄積度を見るためのチェックシートを各自でチェックしたり、前後の4人を一グループとして3つの事例を各グループで原因、会社の対応などを5分程度話し合い発表しました。

 

2   9

 

 最後に人のメンタル部分は目に見えるものではないので手遅れになることのないようにメンタルヘルスケアをしていくことが重要であると思いました。

 6    

  8  

  5                

                                                             第4グループ 飯塚 誠

5月15日水曜日、伝統の三条祭り大名行列が開催されました。朝から晴天に恵まれ、中止の心配なくスタートできました。
出陣式では、各団体の会長挨拶と竹内直前会長の鬨の声で士気を高め、祭りに臨みました。

KXMGM0F0GhGlgJlFFNfVr_wVNe6QJbdHpJ7kzRM1jVo LLLaqIcnqirM6Hj0eQPGwDH9HdxXI0HaHdIKvht9oyk

今年のECは大西会長に「露払」を担当していただいたのをはじめ、新潟県指定重要文化財である「信国太刀」や「具足櫃」などの多くの神具、そして囃子を担当しました。暑い中、汗をかきながら大名行列に参加する会員の姿が印象的でした。

fbdcbqyIEtqSUeJ7XtbD_gLzFIWjHCNrfHjlgkFZlXs Jn-pymmV1IQJyvZMtzKg79GRr-_4saFaee9fUQ07BRo V0vXwFglkqeEAScrgXVtIY3FlSnUM0V2JxOEfXJBcNE rkAnrP6nO0IAd84ZgSOjgBdbHWuLi91an6gy8_AGAco
cQtcf7KzTcAMmUAm8MBA_EjEv7GwjpEV3Se658GMhKs bA8KzVhycJPvqLpRvvpkh1_xvUZKslb_ndVWyoccTkk

舞い込みでは、雨が降りましたが無事に囃子を3回目のチャレンジで、拝殿に収めることができました。今年は、行列の終盤時に雨が降り、囃子の帰路を急がせてしまいましたが、対応して頂いた会員の皆様にはここで今一度感謝を申し上げます。

880IB1RcjHI7ABNX2WYSKfaPhdwK5xbK9V_ir6h8RqE Royuh9VssqVBtkrGh_1sUFZKYij0iHV7K-0AhBbnr-Q

八幡宮より開かれる慰労会では、各団体からの参加者が集い、労をねぎらいました。その中で若衆会臨時役員会を開催し、次年度の若衆会会長にECより出向している原田委員長が選出されました。大名行列参加経験者が少なくなる中、伝統を受け継げるように若衆会委員会も伝承するための準備をして、来年は今年以上に素晴らしい大名行列を開催できたらと思います。

E5UJwH1MyplIwEcro0WGGXw067m1uBUlfdcZk0AakKA

今年の三条祭りには2日間で8万人の来場者がありました。平日にもかかわらず、多数の会員の皆様にご出席いただき、誠にありがとうございました。

若衆会委員 小林 秀徳

平成25年4月25日(木)リサーチコア6F研修室にて会員拡大委員会主幹により第一回交流例会を開催しました。

今回の交流先は「働く女性にも起業家精神を」という会方針を持った女性だけの異業種交流団体WWA (Working Women‘s Association) 様をお招きし、「出逢いから生まれる新しい可能性」というテーマにて模擬「起業」ディスカッション例会を開催致しました。

立場や目線の違う異業種に所属する女性と男性が自企業の特長や特色、強みを融合し、且つ同じテーマに沿って議論する事により、新しい発想や考え方を生み出す事を学び、理解する事を目的に行いました。

DSC_0008

DSC_0010

ディスカッションの内容は「高級な〇〇を売る会社を起業する」としてエコノミークラブの業種からジャンルを選定して(保育園、豆腐、ノコギリ、文具、日本酒等)選んだジャンルについてそれぞれのグループが一般的に安価な製品、サービスを高級品として売るための付加価値をディスカッションする方法で進めていきました。

DSC02491

最終的に全員の前で選んだジャンル、考えた付加価値、価格、商品名、会社名を発表し、考えたイメージをデッサンして発表しました。

DSC02505
DSC02506
DSC02494
DSC02496
DSC02498
DSC02499

ディスカッション例会中は参加者の皆様やや緊張気味でスタートした様でしたが、中盤から参加者皆様内容をよく掴み始めてどのテーブルも活発な意見、そして笑い、うなずき等、有意義なディスカッションとなりました、参加頂いたWWA会員の皆様もさすが起業家精神を持っている方々ばかりで、女性目線、起業家目線の大変興味深い意見がたくさん出て勉強になる事ばかりでした。

ディスカッション終了後の発表時には各グループ共にアィディア満載の個性ある商品、サービスを発表して頂きました。

DSC_0033

その後会場を居酒屋権十楼に移して交流懇親会を行いました。第二部の懇親会でもWWA会員の皆様にはエコノミークラブのまた違った一面を見て頂き、盛り上がりの有る懇親会となりました。

DSC02520
DSC02525

最後に今回の例会に企画当初から多大なるご指導、ご鞭撻を頂いた多くの会員の皆様、そして交流例会にご参加頂いた会員の皆様に心より感謝と御礼を申し上げます。

会員拡大委員会 羽賀 孝輔

平成25年4月18日三条商工会議所にてJIP日本人事総研グループ新潟中央社労士事務所所長、新島哲氏をお迎えして、『時間管理で効率UP』というテーマで御講演いただきました。

2013.4例会1 2013.4例会2

はじめに新島講師自身が時間管理(タイムマネジメント)に取り組むようになったきっかけについてのお話をされました。次に、実際に取り入れた実例の中で発生したメリット、デメリットを挙げ、効率を上げることだけに執着すると続かないということを教えていただきました。そして、一般に時間管理というと効率を上げることだと思われがちですが、本当に重要なのは空き時間を作ることだとお話しされました

2013.4例会4 2013.4例会3

空き時間を作るためにまずやることを絞っていかなければいけない。楽しいから、簡単だから先にやってしまいがちな重要度、緊急性の低いことはやめるか後回しにしてすき間時間にやるようにする。重要度が低いけれど緊急性の高いこと(電話の応対、FAX、メールの返信等)に時間を奪われないように問い合わせ電話が来る前に連絡をしておく等の工夫をする。 こういったことを実践して空き時間を作り、その上で未来への投資となる重要度が高いけれど緊急性の低いこと(新規顧客の開拓、会社設備の拡張等)を優先して進めていくようにするのがとても大切なことだとお話をされました。

最後に、時間管理で効率を上げれば仕事はうまく回るようになるけれど、時間管理を目的にするのではなく、大きな目標を持ってそれを実現するために時間管理に取り組むようにして続けていくことが大切だと締めくくり、三条エコノミークラブ4月本例会は終了しました。

2013.4例会5 2013.4例会7

第3グループ 川瀬 歩

2013年3月19日、越前屋ホテル様にて「OB公開例会」及び「2013年度ECの集い」を開催致しました。

三条エコノミークラブが52回目の誕生日を迎えたこの日は現役会員、OBを合わせ90名近い出席となり盛大な祝宴となりました。

DSC00900

第1部OB公開例会では久須美酒造株式会社  代表取締役会長の久須美記廸氏を講師に迎え「老舗企業に学ぶ永続経営」 と題してご講演頂きました。

久須美講師は商売の基本を「三方善し」とし、お客様・世間・自分の全てに善くなければならない事、更に「経営者は片手にソロバン、もう片手には論語」と挙げ、経済と道徳のバランスが大切であるとご説明頂きました。また創業より180年を迎えた久須美酒造様が多くの災害、困難を乗り越えてこられた事や新商品の開発、ネーミング、販売戦略について等、非常に多岐に渡る講演内容となりました。

DSC00906 DSC00908 

DSC00911 DSC00917

第2部ECの集いでは久須美講師もご出席頂き20名を越えるエコノミークラブの歴史を築いてこられたOBの皆様と共に盛大に52回目の誕生日を祝う事が出来ました。また久須美酒造様のお酒をご用意した事で祝宴もより一層に賑やかとなり盛会のうちに幕を閉じました。

DSC00944 DSC00975

一年を通してOBと現役会員が顔を合わせる機会は限られていますが例年と変わりなく盛り上がり、お互いに交流を深めている場面が多く見られましたので、このような機会を持つことがエコノミークラブの繋がりを維持する大切な機会であると改めて感じました。

DSC01041 DSC01046

老舗企業に倣い永く会として存続する事が企業、地域の発展に繋がるものであると感じた例会となりました。

 

第2グループサブリーダー 駒形 崇

/span